バイアグラ ジェネリック 100mgの種類を解説!おすすめはインドの通販購入!

バイアグラ ジェネリック

バイアグラ ジェネリック 100mgの種類を解説!おすすめはインドの通販購入!

バイアグラ(ばいあぐら)は、大手製薬会社ファイザー(Pfzer)が開発した勃起不全の治療薬です。
今回は皆さんバイアグラのジェネリック医薬品をお探しだと思いますのでおすすめの種類やインド製品などを解説していきたいと思います。

バイアグラを知りたい方はこちらからリンク

バイアグラのジェネリック医薬品100mg!

バイアグラは説明しなくてもご存じだと思いますので割愛させて頂きますが、ペニスを硬く太くさせるお薬ですね。

男性は射精をしないと、ストレスに繋がり生活習慣の乱れや薄毛の原因にもなります。
もちろん女性も、相手のペニスが機能していないと欲求不満になり生活の態度やお肌への悪影響も懸念されます。

そんな性生活を改善させるバイアグラは中高年男性の夜の営みに必要不可欠なお薬となってきました。
しかし、お値段がリーズナブルではない!!
1錠50mgで1,500円が相場と言われています。

しかし2014年5月にバイアグラの特許が期限を迎えた事により、ジェネリック医薬品が次々と登場しました。

  • 東和薬品「トーワ」
  • キッセイ薬品工業「キッセイ」
  • 陽進堂「YD」
  • あすか製薬と武田薬品「あすか」
  • 富士化学工業「FCI」
  • 大興製薬と元草製薬、摩耶堂製薬「DK」
  • シオノケミカルとアルフレッサファーマ「SN」
  • マイラン製薬「(未公表)」
  • 武田テバファーマ「テバ」

上記の製薬会社がシルデナフィル錠25mg・50mgをこぞって発売しました。
まぁ2018年の今となっては「トーワ」と「キッセイ」「FCI」「YD」くらいのものですかね。
製造を中止してしまった企業もあります。

バイアグラジェネリック製造過程の様子!

クリニック店で扱う主力をいくつかご紹介しましょう。

東和薬品のシルデナフィルOD錠「トーワ」」

OD錠とは口腔内崩壊錠(こうくうないほうかいじょう)と呼ばれ、水なしで舌で舐めるように転がしながら吸収されていくお薬です。
東和薬品は日本でもジェネリック製薬会社の大企業です。
ジェネリックの製造を専門に取り扱いますが、その技術は先発薬品よりも飲み易さを追求しています。
苦さを抑えて浸透していくマスキング技術や、ザラザラする薬の性質を微粒子化技術で細分化するレベルは周りの製薬会社も注目する製法です。

「トーワ」はコーヒー風味とレモン風味、2種類ありクリニック店内でお好みに選択が可能です。
錠剤には割れ線も付いている事から半分に分割も可能です。

注意点としては、口の中で溶けるからといってもバイアグラよりも早く効く事はないそうです。
東和薬品のシルデナフィル錠「トーワ」はコーヒー風味とレモン風味でバイアグラジェネリック!

キッセイ薬品工業のシルデナフィル錠「キッセイ」

こちらはバイアグラと似ている、水で飲む錠剤タイプのお薬です。
見た目も青を取り入れてますが、バイアグラはひし形に対して丸いタイプですね。

キッセイ薬品は新薬の開発も行っており、アメリカに子会社も設立しています。

  • ユリーフ錠(前立腺肥大症に伴う排尿障害改善薬)
  • ベザトール(高脂血症治療薬)
  • グルファスト錠(インスリン分泌促進薬)
  • ガスコン錠(消化管内ガス駆除剤)

などは全てキッセイ薬品が開発製造した医薬品です。
なんとなくお分かり頂けると思うのですが、バイアグラなどを服用される方は血管に疾患を持っておられる方がほとんどです。
バイアグラは肺動脈性高血圧症の治療薬としても使われています。
動脈硬化やⅡ型糖尿病、慢性心不全などにも効果があるのではないかと研究が進んでいるのでキッセイとしては同じ研究するならジェネリックのシルデナフィルも製造してしまおうと思ったのは想像に難くないです。

「キッセイ」のジェネリック医薬品は企業がら必然的な製造となった

日本国内でのバイアグラジェネリックの限界は、価格と成分量にあります。
厚生労働省の承認薬として発売が許されているのは25mgと50mgのみです。
価格は25mgが1錠450円~650円で、
50mgが790円~1,100円くらいが相場です。

100mgは日本人の体型には効果や副作用が強くなる可能性があるとして認められていません。

バイアグラジェネリックの100mgは日本の厚生労働省で未承認薬

しかも保険が適用される訳ではないので、クリニック店で診察料やカウンセリング料を別途高額に請求してもなんら問題ないと薬価基準未収載医薬品になっているのです。

なんともお粗末なお話ですね。
厚生労働省はジェネリック医薬品を平成32年までに80%のシェアにしたいと言ってるのに。
製薬会社の圧力に屈する官公庁です。

しかし、ここがポイントになるのですが世界ではバイアグラジェネリックが毎日各国へ流通していてその価格は驚きの安さです。
成分量も当たり前の100mg単位で個人取引が出来ます。

日本にお住まいの方でもバイアグラジェネリックの100mgを入手する方法をお伝えしていこうと思います。

バイアグラ ジェネリックの100mgを入手しよう!

バイアグラ ジェネリックはインドが種類豊富!

バイアグラジェネリックは世界でもあらゆるジェネリック企業が製造しています。

  • マイラン社製「Mylanシルデナフィル」フランス
  • サンド社製「シルデナフィル」スイス
  • アクタビス社製「シルデグラ」アイスランド
  • ソレレックスファーマ社製「カベルタ」インド
  • サンライズレメディーズ社製「Pフォース」インド
  • シプラ社製「シラグラ」インド
  • マクレオーズ社製「ベガマックス」インド

などが挙げられますが、ごく一部の企業です。
かなりの企業数で50社は近くあるのではないでしょうか。

インドがジェネリックの激安事情!

バイアグラのジェネリックをお探しの時、インド社製を聞いた事があると思うのですが、
「本当に大丈夫なの?!」
と思いの方に事情をお伝えしましょう。

インドは中国に次ぐ第2位に人口が多い国だ。
中国が13億3800万人に対して、13億2400万人と急激に伸びている。
中国も他民族国家で正確な数字ではないだろうが、インドは2024年には中国を抜くと言われている。
インドの国民一人当たりのGDPは年間で1709ドル(18万7,843円)とかなり少ない。
かたや日本は3万8968ドル(428万3,139円)だ。

そう、つまりインドは貧困層が多い国で地域によってはかなり貧しいのだ。
健康保険を持たない方が多く、製薬会社も安く販売せざる得ないのだ。
インドがジェネリック医薬品を製造するには理由がある。

それに、インドの製薬会社は海外で開発された新薬をすぐにジェネリック医薬品として製造してしまう
2005年までは物質特許(成分特許)が認められていなかったので製造は簡単だった。

これには事情があり貧困もそうだが、インドのメーカーはアフリカの地域で活動する「国境なき医師団」や「ユニセフ(国連児童基金)」にHIVやマラリア、結核の治療薬を紛争地域に提供しているです。(泣けるようなお話です。)
アフリカの紛争地域でインドのジェネリックは世界的平和活動で役に立っている。
「インドは途上国の薬局」として活動しており、先発薬企業が訴えるも良い判決はあまり聞いた事がない。
マージン手数料払うから和解ってお話が大半です。

しかしこの内容では、先発薬側も世界的平和の医療活動の阻止と受け取られかねないので泣き寝入りも多い。(企業ダメージは計り知れない。)

なんとも難しいお話である。

インドにジェネリック企業が多いのは上記の理由からなんです。
物価も安い上に先発薬も後ろ向きでは企業間争いの末、激安になるのは当然ですね。

ヨーロッパとスイスでのジェネリック事情!?

EUなどの欧州では、医薬品を欧州経済地域(EEA)以外から個人輸入する事を禁止しています。
ED治療薬はもちろん、ダイエット薬も処方せんがなければ輸入出来ない。
これはインド社製などの安い製品が出回ってしまうと経済が停滞してしまうからだろう。

しかし、永世中立国のスイス(EUも加盟外)は個人で使用するに限り、決められた量で輸入する事が出来る。
スイスはED治療薬ジェネリックの個人輸入が可能!
これは日本も同じような事が言える。
日本でも個人で使用する範囲内での輸入が認められているのだ。

インドのバイアグラジェネリックが日本で人気になっているのはこのような事情なのである。

しかも日本とインドは医療分野での繋がりが深い。

  • あすか製薬、20年にインド南部に工場と合併会社を設立(2018年4月)
  • 大塚HD、インド合弁を完全子会社化 三井物産から株取得(2018年3月)
  • 共和薬品工業とルピン社と資本提携(2017年8月)
  • ロート製薬がサスタサンダーヘルスビューティーに6億5000万円の出資と業務提携(2017年5月)
  • サン・ファーマ(インド)処方箋薬剤で日本に参入、大手ノバルティスが買取(2016年3月)
  • 第一三共がランバクシーラボラトリーズ社を46億ドルで買収(2008年)

などが挙げられる。
大塚ホールディングスがインド合弁を完全子会社化
つまり日本だから安全、インドは危険と言うのは間違いで現時点で日本の大手製薬会社がインドに製造工場を持っていたり、日本へ医薬品が輸入されているのだ。
もちろんインドが日本に進出して工場を持つ逆パターンもある。

現代のようなグローバルな時代に、国で判断するのは意味を持たないのかもしれません。

おすすめのバイアグラジェネリックを通販購入!

日本ではバイアグラジェネリックを安く購入するなら個人輸入代行業者による通販サイトでの注文となります。

ジェネリックはカマグラゴールド100mg!

ED薬ストアではバイアグラジェネリックとしてインドのアジャンタファーマ社製造のカマグラゴールド100mgを推奨しています。
2016年頃から日本へ輸入され始め、今ではバイアグラよりも注文量が多いのではないでしょうか。

100mgが4錠で1,840円で販売しています。
1錠ですと460円ですね。
100mgが強いなんて方は、ピルカッターで割りましょう。
50mgが二つ出来ますね。
合計8っとして50mgが1錠230円の計算になります。

カマグラゴールド100mgをピルカッターで半分に!経済的!

 

アジャンタファーマ社はインドの大手ジェネリック企業としてバイアグラよりも楽しめるジェネリック医薬品を開発しています。
先程の東和薬品「トーワ」に似ていますね。

他にもカマグラゼリー100mgは女性も服用してると人気な医薬品となっています。

早漏防止剤を含有させたスーパーカマグラも長時間楽しみたい方におすすめです。

長くなりましたが、ご閲覧頂きありがとうございました。
バイアグラ以外にも速効性のレビトラや長時間のシアリスもジェネリック医薬品が多数発売されています。
お好みでご自分にあった医薬品を探してみて下さい。

バイヤグラジェネリックを通販購入した時の画像、届いた!

著者プロフィール写真

高橋 優一 医療コンサルタント

著者プロフィール

薬剤師が教えるED治療薬の通販サイト!ED薬ストア
運営責任者:高橋 優一

医療コンサルタントに携わる、個人事業主の40歳。

近年、中高年の方が多くのストレスを抱えている事もあり、ED(インポテンツ)やAGA(男性型脱毛症)の発症が著しいように思う。

私自身が同じ悩みを抱えていたものとして、その治療法や解決に少しでもお役に立てたらとサイトを立ち上げました。

初心者の方でも分かりやすく巷で噂の治療薬や最新の医療をお伝えしていけたらと思います。

よろしければ評価・レビューをお願いします!
最低最悪ダメだね普通まあまあ良いね最高です!
(4 投票, 評価平均値: 5.00)
Loading...
5段階評価になります。

« »

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。